fbpx  

腸肋筋の刺鍼方法④

腸肋筋の腸骨稜付着部の刺鍼について。

腸骨稜付着部への刺鍼は、まずは腸肋筋の腸骨稜付着部を確認する。

位置が確認できたら腸骨を押手で挟むようにしてとらえてそのまま腸骨に当たるまで刺入する。

付着部へは意外とすぐに当たる。腸骨が船底型になっているため深く入ってしまう場合は、鍼尖が腸骨には当たっていても腸骨稜付着部には当たっていないことになるので要注意。

トリガーポイント鍼療法勉強会参加者募集中です

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう