fbpx  

腸肋筋の刺鍼方法③

腰痛

腸肋筋筋腹の刺鍼方法について。

腸肋筋の筋腹で感作されやすいのは、外縁よりやや腹部寄りの部分。

刺鍼時には、腸肋筋の外方から押手で刺鍼部位をしっかりととらえてベッドとほぼ平行になる程度の水平方向で刺鍼するとヒットしやすい。

単なる外縁ではなく、やや前方寄りが感作されやすいためここを間違えると意味がない。まずは指でしっかりと感作部位を見つけ、その上で押手を作って刺鍼するのがコツ。

トリガーポイント鍼療法勉強会参加者募集中です