fbpx  

小円筋の刺鍼方法③

小円筋

小円筋の筋腹深部の刺鍼方法について。

小円筋の筋腹は、肩甲骨の外方から棘下筋との境目をまず触察で探す。境目を見つけたら押手を作り、筋腹内縁に押手が引っかかるようにする。

その状態から、筋腹の深部に鍼尖が当たるように肩甲骨外方に向けて刺鍼する。

刺入しながら途中で反応が得られた場合でも、肩甲骨に鍼尖が当たるまで刺入するのがコツ。

また、肩峰近くで棘下筋と小円筋が腱に移行する部分がある。ここは硬さが変わる部分を指標にすればとりあえずOK。

腱状の硬い部分を見つけたらそのまま刺鍼。この部分は鍼尖が腱に辺り反応があった深さで刺入を止めておく。

トリガーポイント鍼療法勉強会参加者募集中です

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう