fbpx  

棘上筋の刺鍼方法③

棘上筋

棘上筋の筋腹の刺鍼方法について。

筋腹への刺鍼は棘上筋の棘上窩付着部への刺鍼と同じでOK。

基本的には肩上部から刺鍼する。筋腹で反応が得られた場合でも、棘上窩の付着部までそのまま刺入して当てることが良い。

筋腹で反応があった部分は付着部だとさらに強く反応が得られる場合がある。そのため、筋腹で刺入をやめるのではなく付着部まで刺入して反応を確かめることが大事。

トリガーポイント鍼療法勉強会参加者募集中です