fbpx  

棘下筋の刺鍼方法⑤

棘下筋

棘下筋上・中・下線維の筋縁への刺鍼について。

棘下筋の筋縁は感作が強い部分。特に中部線維は発痛しやすい部分なので必ず確認する。

刺鍼方法は筋縁を触察して反応があれば筋縁の深部に当たるように刺入をしていくとヒットしやすい。

上部線維・下部線維の筋縁も発痛はするが中部線維よりは少ない傾向にある。ただ、見落とさないようにまずはキチンと確認することが大切。

トリガーポイント鍼療法勉強会参加者募集中です

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう