fbpx  

棘下筋の刺鍼方法③

棘下筋

棘下筋の上腕骨大結節付着部への刺鍼について。

棘下筋の上腕骨付着部へ刺鍼する際は、棘下筋の腱を触察して確認した上で刺鍼するとヒットしやすい。

棘下筋が肩甲骨外方で腱に変わる辺りは触察すると硬さが変わる部分がある。その辺りから腱に変わっていると考えられる。

腱の位置を特定できたら、あとは上腕骨大結節を確認して刺鍼するとヒットしやすい。

よほど間違えることはないとは思うが、肩峰下へ刺入しないように気をつけなければいけない。

トリガーポイント鍼療法勉強会参加者募集中です

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう