fbpx  

頭板状筋の刺鍼方法①

頭板状筋

頭板状筋でトリガーポイントが形成されやすいのは主に次の3カ所

  1. 乳様突起・後頭骨上項線外側付着部
  2. 項靱帯付着部
  3. 筋腹

1の付着部や2の骨や項靱帯付着部において頭板状筋の触知感はない。

そのため、刺鍼時には乳様突起と後頭骨、項靱帯を指標にして刺鍼をする。筋腹は触察可能だが、触察のスキルが未熟な場合は頭板状筋が薄いため分かりにくいかもしれない。

頭板状筋の筋腹は頭最長筋の走行と似ているので、分かりにくい場合はまず頭最長筋の筋腹と似た走行の筋腹を探すと分かりやすい。

トリガーポイント鍼療法勉強会参加者募集中です

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう