fbpx  

頚椎ヘルニアを施術する時のポイント⑬

肩甲挙筋が罹患筋の場合、トリガーポイントや責任トリガーポイントが形成されやすいのは、

  • C5~C6辺りの筋腹
  • 肩甲骨上角付着部

のことが多い。

ただし、肩甲骨上角付着部は刺鍼の際には要注意。

もちろん、これ以外にも形成されることはあるので見落とさないようにチェックすることが大事。

トリガーポイント鍼療法勉強会参加者募集中です

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう