fbpx  

頚椎ヘルニアを施術する時のポイント④

頚椎ヘルニアの罹患筋を特定する際にチェックする項目は下記のとおり。

頚部の屈曲(前屈)、伸展(後屈)

頚部の左右側屈

頚部の左右回旋

肩関節の屈曲、外転、伸展、水平内転、内旋

この動作の中から収縮痛が発生する動作を確認する。

トリガーポイント鍼療法勉強会参加者募集中です

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう