fbpx  

頚椎ヘルニアを施術する時のポイント①

頚椎ヘルニアの施術をする時は、まず鍼の適応状態かどうかを判断する。

たとえば、痛みやしびれの原因が神経なのか、炎症なのか、筋肉なのか?を特定する。

痛みやしびれが何に由来するものかによって必要な対策は異なる。

神経なら病院での治療、炎症なら病院の薬や湿布、筋肉なら鍼の適応。

この見極めが大切。

トリガーポイント鍼療法勉強会参加者募集中です

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう