fbpx  

頭板状筋を刺鍼する時のポイント③

頭板状筋の筋腹は触察が難しいが、骨指標を元に仮線を想定し、頚部の筋をやや緊張してもらった状態で探すと見つけやすい。

筋腹を見つけることができたら、外前方に向けて刺鍼するとヒットしやすい。

■勉強会参加者募集中です■

まずは基礎理論の初級クラスからご参加ください。

初級クラス&臨床クラス説明会はこちら

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう