fbpx  

肩甲挙筋を刺鍼する時のポイント③

肩甲挙筋の肩甲骨上角付着部への刺鍼は気胸のリスクがある。

そのため、

刺鍼をする場合は肩上部からではなく背面から肩甲骨上角を狙うと刺鍼しやすい。

ただし、この場合でも慎重な刺入が必要。

■勉強会参加者募集中です■

まずは基礎理論の初級クラスからご参加ください。

初級クラス&臨床クラス説明会はこちら

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう