fbpx  

僧帽筋を刺鍼する時のポイント②

【僧帽筋を刺鍼する時のポイント②】

僧帽筋下降部筋腹に刺鍼する際は、まず、つまみ押しでで硬結をつまむ。

そして、

硬結を貫くように刺鍼するのが安全かつ効果的。

もちろん、刺鍼して無反応なら場所を変える必要がある。

■勉強会参加者募集中です■

まずは基礎理論の初級クラスからご参加ください。

初級クラス&臨床クラス説明会はこちら

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう