fbpx  

肩甲挙筋を刺鍼する時のポイント②

肩甲挙筋の筋腹でトリガーポイントが形成されやすい部分の1つが、首から肩にかけてのカーブの辺り。

C6~TH1の高さが目安。

この辺りで深部の筋腹に対して前方へ刺鍼するとヒットしやすい。

■勉強会参加者募集中です■

まずは基礎理論の初級クラスからご参加ください。

初級クラス&臨床クラス説明会はこちら

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう